ナレーターとは。仕事内容と報酬、年収について。

ナレーターとは

ナレーターとは、展示会、イベント、テレビ番組などで、プレゼン資料や映像などに合わせて、情報を言葉で伝えていく仕事のことです。いわゆる「語り手」であり、どの分野でも情報を伝える上でとても重要な役割となります。芸能人やタレントのように、表に出て目立つ!という職業ではありませんが、テレビでもイベントでも、必ず裏にはナレーターの存在があります。

ナレーターの仕事内容

ナレーターと一言でいっても、様々な分野での仕事があります。ナレーターは名前の通り、「ナレーションをすること」が仕事ですが、最近ではナレーターの需要がさらに高まり、求められるスキルが増えてきました。どのような仕事内容なのか、それぞれ見ていきましょう。

テレビ番組

テレビ番組の中にも様々なジャンルが存在します。ナレーターが活躍するのは、ドキュメンタリー、ニュース番組やバラエティ番組の中のVTR、通販番組などです。

CM

テレビCM、ラジオCMなどがあります。

イベント

展示会、セミナー、新商品発表会、式典、舞台挨拶、ライブやコンサートなどがあります。トークショーなど、アドリブが必要なものはMCが行うことがほとんどですが、資料に沿って製品説明、会場内の案内や注意事項の読み上げ、展示会での集客のためのマイクを使った呼び込みなどをナレーターが担当します。イベントでは人前に出てナレーションをする以外にも、声だけが会場に流れるナレーションの仕方(影ナレ)もあります。

企業VP

会社内で使用される新人研修用ビデオや、イベントや店頭で流す企業紹介用ビデオなどがあります。

音声案内

鉄道やバスでのアナウンス、銀行ATMで流れるアナウンスなどがあります。

ナレーターの主な仕事の流れ

ナレーターは、展示会やイベントなどの様々な場で、声を使って情報を視聴者や来場者に伝える仕事です。クライアントや制作担当、イベントにはディレクターがいるため、その方たちが思い浮かべている通りの雰囲気を作り出すことがとても重要です。

台本受取・打合せ

始めに台本を受け取り、このイベントはどのような趣旨でどのようなことを伝えたいのか、どのような雰囲気のものを作り出したいのか、などをクライアントやディレクターと共に入念な打ち合わせを行います。

リハーサル

打ち合わせをもとに、入念なリハーサルを行います。セミナーでは【硬派な感じで】、子供向けイベントでは【優しくも元気な感じで】など、リハーサル現場では様々なオーダーが入るでしょう。現場から求められることに的確に、柔軟に対応できる表現力が必要となります。それぞれの現場にあった声のトーンや雰囲気を使い分けられるよう、声を操る力がとても重要です。

本番

リハーサルが終了するとついに本番です。撮り直しが出来るものばかりではなく、イベントなど一発本番な現場もたくさん存在します。

専門的なイベントになると、普段はあまり使わないような難しい言葉や表現も多く使われます。的確な表現をするためにも、幅広い知識と読解力が重要です。

ナレーターの報酬、年収

ナレーターは、経験値や知名度、ジャンルによって収入差が大きい仕事です。ナレーションをする時間や内容、文字数などでも違いがあります。

テレビCMや企業VP、電車やバス内でのアナウンスなど、長期にわたって使用されるものになると、報酬は高額となる傾向があります。

一般的に、展示会・セミナーのナレーションは1日3万円程度といわれていますが、同じ内容であっても、新人の場合には数1万円~2万円ということもあるため、これも一概には言えません。

テレビ番組やラジオ番組でレギュラーを任されたり、ベテランの人気ナレーターとなれば、その分報酬も上がります。

新人のうちから小さい仕事などで数をこなし、知識やスキルを身に着けることがとても重要です。